性病を予防するには?

性病を予防するには、まずコンドームを着けることです。途中でやぶれたり、抜けたりしない限り、コンドームによる避妊率は100%となります。

ただ、100%なのは正しく装着できている場合なので、酔ったときの性行為などでも注意が必要でしょう。

また、通常の性行為だけでなく、オーラルセックス(口腔性交)でも感染します。オーラルセックスは、性病が口にうつる場合と、口の中の病原菌が性器に感染する場合と二重の危険性があります。口の中の細菌についてもあなどれません。

ちなみに、オーラルセックス用のコンドームも販売されています。

パートナーを限定すること

不特定多数の異性と性行為を行うことで、性病にかかる確率は高くなります。風俗などを頻繁に利用する男性は気をつけてください。

誰からうつったのか、感染経路が特定できにくくなります。また、性病には潜伏期間がありますから、気づいたときには、複数の異性にうつしてしまっていることもありえます。

パートナーを限定していれば、その相手からうつされた(うつした)ことが明確なので、治療しやすくなります。

特に、すでに性病に感染しており、症状の出ている相手を避けることが大切です。パートナーにかゆみや発疹などの症状が出ている場合は性病感染を疑い、治療する必要があるかもしれません。

傷口から感染

多くの性病は、傷口からも感染します。ヒゲを剃るときや歯磨きする場合(口内出血)なども注意が必要です。

爪が伸びている場合などに、その爪で引っかけて出血することがあります。ちょっとした傷口から感染するおそれもありそうですから、ケガを軽く考えないことです。

仕事で疲れがたまっているときや、風邪などで免疫力が低下している場合などは、性病に感染するリスクが高くなります。性行為は、体調の良いときに行うようにしましょう。

Copyright © 男性がなりやすい性病、性病の予防、治し方ガイド. All rights reserved.