性病で泌尿器科を受診

性病を検査する場合は、男性は泌尿器科を受診してください。

内科や皮膚科でも診察してもらえますが、性病とわかって二度手間になることを考えれば、はじめから泌尿器科で診てもらった方がいいと思います。

症状を確認して性病だとわかったら、今度はパートナーと二人で受診してください。

片方が性病にかかっている場合は、感染している可能性が高くなります。二人とも治療しないと、再発することになります。

性病の検査内容は?

性病でどんな検査をするかですが、のど、血液、尿などを調べます。それぞれの検査でわかる内容が異なります。

のどを調べるのは、性病がのどに感染している確率が高いからです。さらに、血液検査でかかっている性病の種類がわかります。尿検査では、クラミジアと淋病を確認できます。

検査費用は、はじめて行ったときは初診料がかかりますから、初診料と検査費用を合わせると1万円~2万円ぐらいです。検査項目が多くなると、金額は高くなります。

健康保険も適用となるので、多少安くなります。ただ、性病かどうか確認だけしたいという場合は、自宅で性病検査が出来るキットも販売されていますから、そちらをご利用になるのもよいでしょう。

保健所でも検査は可能

性病の検査は保健所でも行われており、保健所だと検査費用が無料になります。

保健所の場合は、性病の治療というより感染を防ぐのが目的ですから、性病の種類がエイズ、クラミジア、淋病などの代表的なものに限られているようです。

また、検査は毎日行われているわけではありませんから、保健所に検査が行われている日を事前に確認してから出かけるようにしてください。

性病の検査方法としては、病院、保健所、性病検査キットの3通りの方法があります。

検査だけの場合やお金がない場合は保健所、手軽にすませたいなら性病検査キット、性病の症状が出ている場合は病院を受診するとよいのではないでしょうか。

Copyright © 男性がなりやすい性病、性病の予防、治し方ガイド. All rights reserved.