男性がなりやすい性病の種類

男性がなりやすい性病には、「クラミジア」、「淋病(りんびょう)」、「尖圭(せんけい)コンジローム」、「性器ヘルペス」などがあります。

性病にかかった場合、女性よりも男性の方が症状がわかりやすいと言われています。クラミジアや淋病は共通している症状が多く、のどにはれや痛み、発熱、残尿感があったり、排尿時に痛みが出たりします。

性器や肛門のまわりにイボができる尖圭コンジローム、性器ヘルペスにかかると、性器に水ぶくれができたり、皮膚がただれたりします。

ただし、自覚症状がまったく出ない場合もあるため、注意が必要です。男性が性病にかかったときは女性にうつしている可能性がありますから、二人で治療することが大切です。

性病には潜伏期間があり、感染したとしてもすぐに症状が出るわけではないので、気づくまでに時間がかかることが考えられます。検査を受ける場合は、一定の期間を置いてから受けた方がよいでしょう。

性病によって受ける影響

性病にかかることによって男性が受ける影響としては、尿道炎、精巣上体炎、前立腺炎、副睾丸炎、さらに精子の通り道がダメージを受けて精子が作れなくなり、無精子症になるリスクなどがあります。

わかりやすい症状が出る場合もありますが、放っておくとそれらの症状が消えて治ったかのように見えますが、性病が自然に治ることはなく、そのまま放置すれば症状が悪化して全身に広がります。

仕事が忙しくてなかなか病院に行く時間が取れなかったり、病気を確認するのが怖い気持ちなどがあるかもしれませんが、性病はパートナーにうつりますから、早めに治すことが大切です。

男性の性病検査

性病検査は、自宅で性病検査キットを使って確認することができます。性病検査キットを使って検査をすれば、どの性病にかかっているかの見当がつきます。

性病にかかっているかどうかわからない場合や、仕事などで忙しく病院に行く時間がない場合などに役に立ちます。

初診料などがかかりませんから、病院に行くより性病検査キットで検査した方が費用が安くなる場合もあります。

ただし、すでに性病と思われる症状が出ている場合は、病院に行った方がよいでしょう。性病検査キットでできるのは検査だけなので、はじめから泌尿器科のような病院で見てもらった方が、すぐに治療に入れます。

ほかに、性病の検査方法としては、保健所に行くという方法もあります。保健所の場合は、検査が無料となっています。お金がない場合は、保健所を選ぶといいかもしれません。

性病検査キットの検査結果は、パソコンや携帯電話などを使って、ネットやメールで確認することができます。匿名で検査できますから、検査結果が他人にわかるようなことはありません。

また、性病検査キットを自宅以外のコンビニや郵便局留めにして受け取ることも可能です。

男性の性病の治療方法

性病の治療方法には、抗生物質などの薬を服用する方法があります。まめに飲む必要はありますが、それほどたいへんな治療ではありませんから、早期に治療に入ることでしょう。

症状が悪化すると、腹膜炎などを起こすおそれがあり、入院しなければならないようなことにもなりかねません。

薬を服用後に症状は軽くなりますが、そこで飲むのをやめずに、性病が完治するまで飲み続けるようにしてください。菌やウイルスが残っていれば、再発するおそれがあります。

なお、パートナーと一緒に治療を行うようにしてください。一方だけ治ったとしても、双方で治療しなければうつすことになり、再びかかるおそれがあります。

男性の性病の予防方法

性病の予防は、コンドームを着けることで防ぐことができます。相手にうつす心配だけでなく、自分を感染から守ることにもなります。

それと、オーラルセックスでも、のどから感染する可能性があるため、性器以外の予防も重要です。ちなみに、オーラルセックス用のコンドームも販売されています。

不特定多数の異性と性行為を行わないことですが、付き合っているパートナーが不特定多数の異性と性行為を行っている場合もあるようです。その場合に、感染源の特定が難しいことがあります。

ほかにも、傷口から感染することがありますから、出血している場合に、性行為は控えることです。男性は、ヒゲソリ後などに気をつけてください。

風邪を引いているときなど、免疫力が落ちている場合にも性病に感染しやすくなります。性行為は衛生的な状態で、体調の良いときに行いましょう。

Copyright © 男性がなりやすい性病、性病の予防、治し方ガイド. All rights reserved.